ターゲットを明確にする

ターゲットを狙い撃ちしてアクセス数を増やそう

サイト制作ではターゲットを明確にすることが大事です。明確にすることでアクセス数アップを期待できます。何故、明確にすることが大事かというと、明確にすることで最適なアプローチ方法が変わってくるからです。例えば、小学生向けのランドセルを販売する場合、ターゲットは子供のいる家庭になります。独身の人にランドセルをPRしても購入してもらえる可能性は低いです。逆に、ターゲットを明確にして子供のいる家庭に絞り込めば、PRする対象に対して効果的な広告を打つことが出来ます。サイト制作も子供のいる親御さんが使いやすいようなデザインにすると言った工夫を行うことで、アクセス数アップや滞在時間を長く出来たりします。下手な鉄砲も沢山打てば当たりますが、狙いすましたほうが命中率は上がります。

ターゲットを明確にしてペルソナ作り

より具体的にターゲットを明確にするためにペルソナ作りも役立ちます。ペルソナとは一言でいうと顧客モデルであり、ターゲット像そのものです。ランドセルを販売する場合は、40から50代の両親、70代から80代の祖父母とペルソナ像を作っていくことが出来ます。また、高齢の祖父母なら所得や貯金額を持っていてお金に余裕がある、孫のためならお金を惜しまないなど、どんどん具体的にペルソナを作っていけます。そして、そのペルソナを元に、最適なサイトを作ることがweb制作では重要です。子供にランドセルを買ってあげたい高齢者をターゲットにすれば、サイトの文字を大きくしたり、子供の写真を多めに掲載して共感を得るようにしたりと、何をしなければならないかも分かってきます。

デジタルマーケティング戦略は、自社のサービスや製品を売り込むため、オンラインを通じて新規の顧客を獲得したり、常連客の購買意欲を高めたりするうえで欠かせないものと言えます。