デザインやコーディングなどの開発を行う

デザインの制作を行う

希望のイメージや雰囲気などがある場合は、あらかじめ制作会社に伝えておきましょう。コンセプトをビジュアル化させるためには、カラーやフォント、レイアウトなどにルールを定めておくことも大切です。これらのものに要望がある場合は、制作会社との間に認識のズレが起きないよう、事前に伝えておくようにしましょう。共通認識を持っておくことで、その後の作業をスムーズに進められるようになります。デザイン制作の工程では、画像など、素材の提供を求められることも少なくありません。商品写真や会社のロゴ、スタッフの写真など、必要に応じて随時、制作会社へ渡していきましょう。完成後は、コンセプトがしっかりビジュアル化できているかどうか、チェックしておくことも大切です。

コーディングの開発を行う

デザインの制作が済んだら、次はシステムの実装を行っていきます。コーディングと呼ばれる作業です。システム開発や、マークアップと言われることもあります。コーディングは、フロントエンドとバックエンドに分けられます。HTMLなどの言語を使いながら、ビジュアル面を調整していく作業や、サーバーで動くプログラムの開発などを行っていきます。この工程で、依頼者が行う作業は特にありません。しかしながら、時には制作会社から確認の連絡が来ることもあります。作業が滞らないよう、速やかに対応しましょう。この工程では、決済システムや問い合わせフォームなどの機能も設置していきます。コーディングに入った後に大きな変更をかけることは難しいため、必要な場合は、事前に伝えておくようにしましょう。

web制作は、サイトを立ち上げて商品やサービスを多くのネットユーザーに知ってもらったり、趣味に関する情報を共有したりと様々な目的があります。